[2019年度版]AWS SNSでiOSのプッシュ通知 設定手順まとめ

「iOSのプッシュ通知の実装ってどうやるの!?」
「Androidにも一緒にプッシュ通知送りたいけど何を使えばいい!?」

こんにちは、タカフです。

最近扱っている案件でプッシュ通知の実装があったのですが、AWSを使っているとわりと他のAWSリソースと統合出来るので特に指定がなければAWS SNSでプッシュ通知するのがシンプルでいいかと思っています。

で、いざ実装方法をネットサーフィン(死語)で探してみると、出てくる記事が2019年度現在としては古い記事だったりしたので、カフーブログにて画像付きでまとめてみました。

今回は、AWS SNS + iOS でのプッシュ通知の実装の内容となっています。

※本記事は予めAppleDeveloperProgramに登録していることを前提としています。

証明書・プロビジョニングファイル・P12ファイルの作成

まずはAppleサイトで証明書周りを準備する必要があります。これをもってAWS SNSのページでP12ファイルを登録するからです。

AppIDの登録

まずは今開発しているアプリのAppIDを登録しましょう。

https://developer.apple.com/jp/

でにアクセスしてログイン処理をします

Certificates, IDs & Profiles にアクセス

Identifiersのページで「

App IDsを選択してContinue

BundleIDDescriptionを入力して、Push Notificationsにチェックを入れる(開発者登録ユーザーはAppIDPrefixは TeamIDの方でいいと思う)

そのまま先に進めばAppIDは登録完了

APNsの証明書作成

Certificatesのページで「」をクリック

iOS Apple Push Notification service SSL (Sandbox)」(開発用ならSandbox、本番用ならProduction)にチェックを入れて「Continue」

先ほど作ったApp IDを選択して、「Continue」をクリック

次にCSR(Certificate Signing Request。証明書署名要求)のファイルをアップロードする必要があるので、

お持ちのMacでキーチェーンアクセス.appを開いて

「キーチェーンアクセス」- 「証明書アシスタント」-「認証局に証明書を要求」をクリック

AppleIDのメールアドレス任意の通称日本語はやめましょう!ローマ字必須!)を入力して、「ディスクに保存」にチェックを入れて「続ける」をクリック。CSRのファイル保存になるので任意の場所に保存する。

先ほどの画面に戻って、「Choose File」で今作成したCSRファイルをアップロードして、「Continue」をクリック。

Download」をクリックすると、「aps_development.cer」ファイルをダウンロードします。

cerファイルをダブルクリックすると、証明書の追加ダイアログが開くので、そのまま「追加」ボタンをクリックします。

P12ファイルの書き出し

このままP12ファイルも書き出しましょう。P12ファイルはAWS側にアップロードするファイルです。

キーチェンアクセス.app を表示して、分類で「自分の証明書」をクリックすると先ほど追加した証明書があるので、それを右クリックして、「…..を書き出す」をクリック

この時このメニューが出ない時は、左の▶をクリックして広げて自分の秘密鍵のところを1回クリックしてまた証明書のところで右クリックすると出ます。。。(何だこの仕様は。。。)

デフォルトファイル名は「証明書.p12」となっていますが、任意の英数字にしておいた方がいいです。

また、この時パスワードを決める項目が出ますが、未入力でもいけます開発用なら未入力でもいいかと思います。

Provisioning Profileの作成

Profilesのページに遷移して、Profilesの「」をクリックします。

今回は開発用なので、「iOS App Development」にチェックを入れてContinueをクリック。
(本番用はおそらくDistributionのApp Store)

次に、先ほど登録したAppIDを選択してContinueをクリック

先ほど発行した証明書を発行したユーザーを選択してContinueをクリック

開発用だからか、インストール出来るデバイスを制限する為なのか、お持ちのデバイスを選択してContinueをクリック。

最後のProvisioning Profileの任意の名前を入力してGenerate。次のページで「Download」をクリックするとmobileprovisionファイルがダウンロード出来ます。

Appleの証明書関係は以上です。ここまででも結構精神を消耗しますね。。

AWSでアプリケーションの作成

ここからはAWS SNSの設定です。

SNSのページにいき、「プラットフォームアプリケーションの作成」をクリックします。

アプリケーション名に、任意のアプリ名

プッシュ通知プラットフォームに今回はiOSなので「Apple iOS/VoIP/Mac」を選択

開発用なら「サンドボックスでの開発に使用されます」にチェック

プッシュ証明書タイプに「iOSプッシュ証明書

証明書に、先ほど作成したP12ファイルをアップロード。P12ファイル生成時にパスワードを入力してなければここは入力する必要なし

ARN(Amazon Resource Nameの略)が生成されます。アプリサーバーからはこのARNに向かってリクエストします。

サンプルアプリでデバイストークン取得

今回はとりあえずプッシュ通知を試したいので、AWS公式のサンプルアプリのソースを使います。

サンプルアプリのソース取得

AWSからプッシュ通知を試す為のサンプルアプリのソースが公開されているので、

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/sns/latest/dg/mobile-push-send-devicetoken.html

こちらのページに行き、snsmobilepush.zip をダウンロードします。

解答してXcodeで開いたら、先ほどアプリIDを作成した時の Bundle Idenifierを入力して、Teamを設定しましょう。

次に「Capabilities」で「Push NotificationsONにしておきます。

サンプルアプリのビルドと実行

ソースコードは特にいじらないでもそのままでビルド通りました。実行してみましょう。

よく見るプッシュ通知を問い合わせるアラートが出てきました!

もちろん「許可する」をタップします。そうすると、Xcodeのコンソールにデバイストークンが出てきます。

この時取得出来るデバイストークンは 無駄なスペースがあるので取り除いて連結した文字列としてコピーします

プッシュ通知の送信テスト

デバイストークンの登録

上記までで取得したデバイストークンを、AWS SNSに登録します。

先ほど作成したプラットフォームアプリケーションにアクセスして、「アプリケーションエンドポイントの作成」をクリックします。

デバイストークンを貼り付けて、「アプリケーションエンドポイントの作成」をクリックします。

先ほども書きましたが、XCodeのコンソールで表示されるデバイストークンには不要なスペースがあるので連結した文字列にしましょう。

プッシュ通知の送信

それでは実際に送信してみましょう。今登録したトークンの行にチェックを入れて、「メッセージの発行」をクリック。

次の画面で、

有効期限(TTL)はオプションなので一旦無視。

メッセージ本文は「配信プロトコルごとにカスタムペイロード」を選択するとサンプルメッセージが現れるのでとりえあえずこれを使います。

サンプルメッセージが出てきたら「メッセージの発行」をクリック

プッシュ通知キターーーー!!

ここに辿り着くまで結構かかりますね。。。

しかしまずはここまで辿り着いたあなた様、お疲れ様です!あなた様は立派な作業を終えられました!

そしてここまでお付き合い頂きありがとうございます!

さぁ、次の試練はこのデバイストークンやらトピックやらのサーバーサイドの登録処理です。。。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です