MacにXAMPPをインストールする方法(初心者向け)

「macのWeb開発環境って何があるの?」
「macでXAMPPって使えるの?インストール方法や初期設定は?」

どうも、タカフです。

Macのローカル環境でのWeb開発って色々ありますよね。

・Macに最初から入っているapacheやphp
・XAMPPをインストール
・MAMPをインストール
・docker

こんなところでしょうか。

世間的にはdocker全盛の気もしますが、時にはXAMPPの方が役立つケースもあります。

今回は、WindowsユーザーがMacユーザーに移行した時でもXAMPPを同じように使う方法を主な内容として記事にしていきます。

Mac版XAMPPのインストール

XAMPPのサイトからインストーラーをダウンロード

XAMPPのサイトにアクセスします。

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

ここのサイトからインストーラーをダウンロードするのですが、インストーラーには、VM版(仮想マシン版)とMacに直インストールするインストーラー版の2種類があって、僕はインストーラー版の方をオススメします

XAMPPを選ぶようですから、恐らくWindowsでXAMPPを使っていたとか、周りがWindowsユーザーだけど開発環境を合わせる、というようなWindowsと合わせるケースかと思います。

そういう時に、Windows版はインストーラー版なのでその環境を合わせるのに都合がいいからです。

「OS X向けXAMPP」はVM版なのでそれを押さずに「ダウンロード」の方を押しましょう。

次のページでMacのカテゴリのところで、ダウンロードしたいVersionのSizeの少ない方の「Downloads」をクリックします。

これがインストーラー版の方です。もうひとつのSizeが大きい方もダウンロードしてみればわかりますが、Sizeが大きい方がVM版となっています。

落としたファイルがxampp-osx-7.3.5-0-installer.dmg というように -installer.dmg となっていればOKです。

XAMPPのインストーラーを開く

インストーラーが開くので真ん中のXAMPP.appをダブルクリックします。

Windows版でもよく見たBitnamiのインストーラーが開かれます。

Nextを進めていくとセットアップが始まります。

インストールが完了して「Finish」を押すとMac版コントロールパネルが開きます。この時apacheも起動します。

これだけでローカルにWebサーバーが起動出来ました。

ブラウザでlocalhostからアクセス出来ます。簡単ですね。

XAMPPアプリ(コントロールパネル)のDock追加

XAMPPアプリ(コントロールパネル)はよく使うと思うのでDockに追加しておきましょう。

XAMPPアプリのパスは

/Applications/XAMPP/manager-osx.app

です。上記までの作業でXAMPPアプリが起動しているのならばDock上でそのまま追加でもいいですね。

Mac版XAMPPの初期設定

DocumentRootを任意の場所にしよう

デフォルトのDocumentRootの場所は

DocumentRoot “/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs”

となっています。正直アプリケーションフォルダ上であんまりファイル編集ってしたくないので、どこか任意の場所に変更します。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/httpd.conf

をテキストエディタで開きます。そこで、上記の記述を任意のパスに変えてあげます。

またDirectoryのところもそのDocumentRootのところと合わせておきましょう。

httpd.conf
#DocumentRoot "/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs"
DocumentRoot "/Users/suzuki/Web"
#<Directory "/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs">
<Directory "/Users/suzuki/Web">

このテキストファイルを保存して、XAMPPアプリでapacheを再起動すればDocumentRootが切り替わります。

任意のindex.htmlでも置いてアクセスしてみましょう。

MySQLでの初期文字コードをutf8mb4にしておく

デフォルトのMySQLでの文字コードはlatainなどになっています。

昨今の開発環境だとutf8mb4の方が幸せになれるので設定しておきましょう。

詳しい説明は下記記事です。

MySQL5.5で携帯の絵文字対応の為に文字コードをutf8mb4にする方法

今回のMac版XAMPPの環境だと、

/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/my.cnf

のファイルを編集します。

mysqldとmysqlのセクションのところに下記のように追記します。

my.cnf
[mysqld]
...
character_set_server=utf8mb4
...
[mysql]
...
default-character-set=utf8mb4

これでファイル保存してXAMPPアプリからMySQLを起動すればOKです。無事文字コードがutf8mb4に切り替わるはずです。

MAMPとXAMPPの違い

MAMPはMac, Apahce, MySQL, PHPの頭文字をとって作った名前で、
XAMPPはXがクロスプラットフォーム、Apache、MySQLまたはMariaDB、PHP、Perlの頭文字をとって作った名前です。

昔はMac版XAMPPと言ったらMAMPみたいな流れがあった気がしたのですが、今はどっちでもいい感じですが、WindowsでXAMPPに慣れているならXAMPPを使った方がいいでしょう。

機能はほとんど一緒なので。

まとめ

Mac版のXAMPPの基本的なセットアップは以上です。

これでローカル環境でWordPressやPHPアプリケーションの開発が出来るはずです。

現場からは以上です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です