プログラミングの役立つ記事をお届けします

ここはやめとけ!現役エンジニアが教えるプログラミングスクールおすすめランキングTOP3

「未経験からエンジニアに転職したいんだけどプログラミングスクールならどこがおすすめ??」

こんにちは、カフーブログのタカフです。

もしあなたが今プログラミングスクールを探しているとしたら少し手を止めてこの記事を是非読んでもらいたいです。

数あるプログラミングスクールの中でもここは行っていい所とここは行くべきではない所というのが実際にあるからです。

プログラミングスクールってどこも同じようなものだと思っていませんか?

全然違います。

厳密には、選ぶプログラミングスクールによってその後の将来性が大きく変わるという意味で違います。

最初に学んだプログラミング言語によってその後の将来性は大きく変わってしまうのです。

なので僕はどうせ学ぶなら一番実務で将来性のあるプログラミング言語を学ぶべきだと思っています。

せっかく高いお金を払って学んだその先で仕事が無い事ほど悲しいことはありません。

そこで本記事では、現役エンジニアである僕が本当に行くべきプログラミングスクールとさらにそのコースまでもを、ちゃんと理由も添えてお教えしたいと思います。

恐らくスクールの中身であるカリキュラムをちゃんと見て紹介しているのは僕くらいでしょう。

他の記事のように10個20個も紹介したって仕方ないわけで、本当に厳選したおすすめプラグラミングスクールをご紹介します。

本記事を最後まで読み終えた頃には、「確かにここは行くべきではないな」って思えることかと思います。

それでは本編です🏃‍♂️

💁‍♂️執筆者紹介

タカフ
エンジニア歴15年の現役エンジニアです。最近はWebエンジニアとしての活動が多くHTML/CSS/JSのフロントエンドからPHPメインのバックエンド、そしてAWSを使ったインフラも構築したりします。
UIフレームワークのFramework7を広める活動もしていて、それを使ったスマホアプリも作ります👍 この経験を活かしてプログラミングに関する情報を発信しています。

プログラミングスクールって何を基準に選べばいい?

image-20210709193201316

これからプログラミングを学ぼうとしているあなたにまず言いたいのは「将来を見据えたプログラミング言語を学んでおけ」ということ。

将来を見据えたプログラミング言語というのは、ちゃんと仕事として需要があるプログラミング言語、そして一人でも仕事が出来るプログラミング言語です。

これを学ぶべきなんです💁‍♂️

一人でも仕事が出来る最たる例を挙げると、いわゆる知り合いや町のお店のホームページを一人でも作れるという事です。

これが出来るということはたくさんの仕事に巡り会える、という事です。

ではそれが何なのかというと、PHPをメインとしたWebエンジニアなんですね。

PHPを主軸に覚えておけば、Webサイトは比較的簡単に作れます。WordPressもPHPで出来ています。ほとんどのレンタルサーバーも動かせるのはPHPです。

なので、僕が言いたいのはプログラミングスクールならPHPをメインとして学習するとこに行っとけという事なんです。

最終的にPHPをメインとしたWebエンジニアになれば、一人でも仕事が進められるので会社や組織に属さなくてもいいし、フリーランスとして働いたり起業することだって出来ます。

これが意味するもの、それはより自分の自由な時間が増やせるという事につながっていきます。

自分の自由な時間が増やせれば、自分の趣味や好きな事に没頭したり、家族と過ごす時間にあてたりすることも出来るのです。

だ か ら、僕はこの事を声を大にして言いたいのです。

プログラミングスクールで大事なのは正直講師とかメンターとかの「誰に学ぶか」じゃないんですよ。「何を学ぶか」なんです。

つまり「何を学ぶか」が第一にあって、第二に「どう学ぶか」「どこで学ぶか」「いくらで学ぶか」が考えるべきなのです。

実務に強いのはPHPであるという3つの理由

「PHPがいいのはわかった。でもそんな証拠あるの?」

はい、僕としても根拠もなくそんな事を言ったりはしないっす。なので3つの証拠をお見せしましょう。

1. Googleトレンドでは安定してPHPが検索されている

プログラミングをしていると「PHP 文字列 置換」というようにその言語名とやりたい事でよく検索されるものなので、
Googleトレンドというツールを使って検索ボリュームからどの言語が実務で使われているかを推し量る事が出来ます。

以下はサーバーサイドの主要な言語である PHP・Ruby・Javaが、Google検索で日本でどのくらい検索されているかの結果です。


2021年7月時点での結果です。リアルタイム結果ですとこちらです。

これを僕はこう見ます。

「どのくらい検索されているか ≒ 世の中で動いている案件数」になると思っています。

そこで、JavaというのはWeb言語だけでなくAndroidアプリやデスクトップアプリも含むのでどうしても上位に来てしまうのは仕方ないところ。

そしてRuby On Railsで一躍有名なRubyなんですがこれだけしか検索されてないんですね。

これはつまりRubyの案件数が少ないということ。だから持論ですがRuby On Railsがメインのスクールは行くべきではないということです。

その中で安定して検索されているのがPHP。つまりPHPは安定して仕事の数があるということです。

2. フリーランス仲介エージェントの紹介案件数の比較

次に実際の案件数の結果です。フリーランスになると仕事を紹介してくれる仲介エージェントなるものがあります。

例えば最大手だと僕もお世話になっているレバテックがあります。

image-20210709194004586
フリーランスエンジニアの方で知らない人はいないくらい有名です。

このレバテックやその他の仲介エージェントのサイトでは、実際の案件の検索が出来ます。

ここでプログラム言語毎の案件数がこちらとなります。(これは2021年7月時点です)

仲介エージェント Java PHP Ruby
レバテック 6213件 4087件 1698件
ギークスジョブ 430件 334件 196件
MidWorks 274件 149件 50件
ITプロパートナーズ 236件 563件 395件

ざっとこんな感じです。

いかがでしょうか。エージェントによって特色はあるでしょうが、Googleトレンドから推測する世の中の仕事の数とおよそ合致してますよね👆

こちらもやはり、JavaはAndroidやデスクトップアプリ等のサーバーサイド以外も含めているので一番多いのは仕方ないとして、

サーバーサイドだけの言語である残り2言語でみればRubyが一番少なくて、PHPは安定して多いという事になります。

いいですか?これが現実です。

3. レンタルサーバーで動くのはPHPだけ

最後に実際にプログラミング言語で動かす場所の話です。

もしあなたが知り合いや町のお店屋さんに依頼されてホームページを作って公開する場所としたら、

大抵はレンタルサーバーになるのですが、このレンタルサーバーでまともに動くのはPHPだけです。

さくらサーバーもロリポップもXserver等の主要なレンタルサーバーでは、JavaやRuby On Railsは大抵まともに動きません

image-20210709194656001
ロリポップは公式に対応してないと明言していますね。

Ruby自体は動くのですが、Ruby On Railsになると大変苦労してインストールしたり、本番運用には適さなかったりします。

Javaなんて機能一覧にすら載っていません。

でもPHPだったら大抵のレンタルサーバーが動くし、ググればたくさん情報も出てきます。WordPressだって動かせます。

それくらいWeb業界でPHPは主流なんですね。


この3つの理由から、学ぶべきプログラミング言語はPHPであるとはっきりと言えるのです。

もしあなたがプログラミング未経験の初学者ならこの事実すら知らなかったのではないでしょうか。

それは当然です。初心者なんですから👍。こんな事誰も教えてくれませんよね。

でもたまたまこの記事を見つけてこの事実に気付けたあなたはラッキーな方だと思います。

そうやって自分で調べようとする行動によって本当に大切な情報が引き寄せられるものなのです。

ということで、プログラミングスクールを選ぶ際にJavaやRubyをメインとしたところはやめとけっということでした。

PHPの方が比較的覚えるのも簡単だし仕事があるよって話です。

それでは、次の章では僕が徹底的に10社以上のプログラミングスクールのカリキュラムを吟味した結果、
最もオススメするプログラミングスクール上位3つをご紹介します。

プログラミングスクールおすすめランキングTOP3

image-20210709203143008

上記までのはっきりとした理由があった上で選ぶプログラミングスクールのおすすめランキング上位3つがこちらとなります。

1位:TechAcademy(テックアカデミー)

1位はカリキュラムと講師が優れていて受講生限定の転職サポートが用意されているTechAcademyですね。

image-20210707131344168
右から2番目の男性はめっちゃ風間俊介っぽいと思うのは僕だけ?🤣

TechAcademyでしたら、プログラミングの右も左もわからない状態でもPHPを使って基礎から学ぶカリキュラムがあるので安心です。

TechAcademyのサイトを見るとコースが複数あるのですが、この中でも「はじめてのプログラミング」がオススメです。

image-20210707131630200

このコースであればWebページの基本であるHTML/CSSも学びますし、PHPとさらにはデータベースも扱うので、一般的なWebアプリケーションの基礎が身につきます。

これが将来あなたがたくさんの仕事をこなせるようになる最初の一歩になると言えます。

TechAcademyの料金

受講する期間と社会人か学生の方で料金が異なります。最安は4週間プランの下記となります。

4週間プラン 8週間プラン 12週間プラン 16週間プラン
社会人174,900円
学生163,900円
社会人229,900円
学生196,900円
社会人284,900円
学生229,900円
社会人339,900円
学生262,900円

時間に余裕がある場合は短期集中で4週間(1ヶ月)プランでもいいと思います。これと決めて1ヶ月で一気に習得しちゃいます。

でも未経験の方ですとちょっと短いかなとも思うのでその場合は僕もオススメする8週間ですね。

20万そこらでこれらの基礎が一通り学べるとしたら安いもんって思いますね。

因みに僕は5年前でさえフリーランスでPHP案件で毎月60万円くらい稼いでましたよ✨(シャキーン)

時間に余裕がある場合は短期集中で4週間プランでもいいと思いますが、自分はどのプランがいいか迷ったなら「無料カウンセリング」を受けてみるといいと思います。

TechAcademyに直接聞くことでよりイメージが出来るかと思います。

image-20210707195941333

TechAcademy公式サイト

さらに僕からもう一つ提案しておきたいものがあります。

この「はじめてのプログラミングコース」受講者限定で、ステップアップ割というのがあり「PHP/Laravelコース」を20%割引で受講する事が出来ます。

この「PHP/Laravelコース」を追加で受講することをオススメします。

このPHPとLaravelというフレームワークを覚えたら一気に出来る仕事増えます。LaravelがPHPフレームワークの中でもスタンダードになっているからですね。

これが実際の現場の声ってやつです👌

image-20210707201023320

 

2位:CodeCamp(コードキャンプ)

2位は1位に比べてコスパに優れているCodeCampです。

image-20210707201356660

CodeCampもやはり複数コースがあるのですが、いいですか、未経験の方はその中でも「Webマスターコース」に行ってください↓

image-20210707203008669

TechAcademyはLaravelが別コースでしたが、CodeCampのこのコースならHTML/CSSの基礎とPHP、そしてPHPフレームワークのLaravelもセットとなっていてコース内容としてコスパが良いです。

逆に、1番人気のプレミアムコースは受けない方がいいです。

image-20210709175451575
↑たくさんの言語を覚えても混乱するだけです。まずはWebマスターでおk👌

PHPに加えてRubyとJava、さらにはアプリのSwiftとAndroidを一気に覚えるなんてこんな無謀なことはありません。

なのでプレミアムコースは無駄です。

CodeCampの場合はこの「Webマスターコース」こそ最強です。

CodeCampの料金

CodeCampの料金プランも期間によって変わります。どれも入学金33000円が必要なので合計金額は以下となります。

プラン 2ヶ月プラン 4ヶ月プラン 6ヶ月プラン
料金(税込) 165,000円 275,000円 330,000円
入学金(税込) 33,000円 33,000円 33,000円
合計(税込) 198,000円 308,000円 363,000円

正直Webマスターコースのカリキュラムボリュームを2ヶ月でこなすのは結構きついので4ヶ月プランが妥当なところかと思います。

3位:TECH I.S.(テックアイエス)

3位は1位2位に比べて長期間で腰を据えて取り組んでいて質重視のTECH I.S.ですね。

image-20210709173947023
イメージキャラクターに武井壮さんを入れるのも僕はなかなか評価してます👍

TECH I.S.でシンプルでわかりやすいコース設計となっていて、オススメは「長期PROスキルコース」です。

「長期PROスキルコース」で、『お、これいいな』と思ったのは6ヶ月がっつり基礎から学び初めて、次にチーム開発と自主開発が用意されていること。

image-20210709174300175

本当にプログラミング力がつく時は自分の頭で考えたものを自分で形にする事です。なのでこの自主制作はかなり効いてくるはずです。

短期間で一気に学習するのは心配でじっくり覚えたいって人にはTECH I.S.が一番向いているかと思います。

しかもその後の就職・転職サポート、副業支援サポート、スキルアップサポートでまた6ヶ月間ついてきます。

TECH I.S.の料金

こちら料金が一括払いの場合657,800円で一見高く見えるのですが、こちら関わる期間が12ヶ月間なのでそれを考慮すると割安と言えます。

少なくとも他の短期間・高額のプログラミングスクールに比べると全然良心的な価格です。

image-20210709174735204

3ヶ月の短期スキルコースというのもありますが、その後のサポートもないので腰を据えてやるなら「長期PROスキルコース」がいいです。

おすすめプログラミングスクールTOP3比較表

表にするとこうなります。一番妥当なプランで比較しています。

スクール TechAcademy CodeCamp TECH I.S.
オススメコース はじめてのプログラミングコース
+PHP/Laravelコース
Webマスターコース 長期PROスキルコース
カリキュラム HTML,CSS,PHP,SQL
(+Laravel,GitHub,Bootstrap)
HTML,CSS,JS,PHP,Laravel,SQL HTML,CSS,JS,PHP,SQL
マンツーマンレッスン
チーム開発 ×
自主開発
期間 4ヶ月 4ヶ月 6ヶ月
料金 229,900円
(+183920円 = 413,820円)
308,000円 657,800円
転職サポート
リンク 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら TECH I.S.

この3つは数あるプログラミングスクールの中でもカリキュラムの良い上位3つなので、あとは実際に話を聞いてから決めてもOKだと思います。

3つとも無料体験をやっているので全て受けてみてその中から自分に合ってそうなところを選べば良いでしょう。たった3つですしね👌

人間、合う合わないって絶対にあるはずです😉

オススメしないプログラミングスクール

ついでに記事タイトル通り「ここはやめとけ!」って思うプログラミングスクールとその理由を紹介しておきます。

スクール名 オススメしない理由
DMM WebCamp メインがRuby On Railsだから。
オリラジ藤森起用しちゃう所とか逆に信用が無い(笑)。
侍エンジニア塾 使えないプログラミング記事を量産しているで有名な侍エンジニア。

HPからは何に強くなれるかが全く伝わらない。
シンプルに高い。6ヶ月プランで799,800円。
広告費がプランに反映されてる感。
ここだけはやめときなはれ。

DIVE INTO CODE メインがRuby On Railsだから。
料金647,800円払うならTECH I.S.の方がいいって。
TECH CAMP メインがRuby On Railsだから。
教室があるのはいいと思う。
分割の場合の金利が消費者金融より高いとの噂も。。。
tech boost プログラミング学習のカリキュラムが全く不透明。
説明が「オリジナルWebアプリケーション開発」だけ。
せめて何の言語を使うのかを書いて欲しい。
Geek JOBキャンプ メインがJavaかRuby On Railsだから。
これといった特徴はなし。
RUNTEQ メインがRuby On Railsだから。
学習時間が多そうなのは良さげ。
COACHTECH プログラミング学習のカリキュラムが全く不透明。
オーダーメイドカリキュラムとのことだけど、
それが何なのか少しでも開示して欲しい。
RaiseTech メインがJavaだから。
AWSコースがあるのは良い。未経験には難しすぎだと思うけど。

といったところです。

例えばあなたがこれらのスクールでJavaやRubyを学んだとしたら、上述の通りそもそも案件が少ない中から仕事を探さなくてはいけません。

だ か ら!カリキュラムが大事なのです。

まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございます。

きっと今これを読んでるあなたは、自分の人生を変えたくてプログラミングスクールを調べはじめたのかと思います。

その考えは正解です。行動している人にだけ成功を手にするのは当たり前の事ですから。

ですが、人の考えには熱がありますからそれが冷めないうちに最後まで行動しきることがもっと大事です。

今この瞬間も時間は過ぎていってるわけですからね🏃‍♂️

人は時間が経つとどうでもよくなる性質を持ってるので、思い立った今動くかどうかが鍵です。

最後に本記事の内容を振り返ると、

  • 未経験がプログラミングスクールを選ぶならPHPをメインとした所が良い
  • PHPならちゃんとその先仕事があるし起業もしやすい
  • PHPのプログラミングスクールなら、TechAcademy・TECH I.S.・CodeCampの3択

という事でした。

それではあなたが幸せなエンジニアになれることを心よりお祈りしています。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です