プログラミングの役立つ記事をお届けします

【ニューモデル】Surface Pro 9の特徴をレビュー!Pro 8との違いは何?

※本記事はSurface Pro 9発表時の情報を基に執筆した内容となっています。
本記事よりも実機を使ったより詳しいレビュー記事を書きましたのでそちらの方がオススメです↓↓
【一番人気】Surface Pro 9 Intelモデル 実機レビュー!【初心者向けに解説】

どうもこんにちは、Surfaceを愛してやまないタカフです。

とうとうSurfaceの待望の新作、Surface Pro 9が発表されましたね。

新しいSurface Pro 9は、前モデルのSurface Pro 8とどう違うのか?昨今の円安の影響で価格はどうなったか?噂のARM版CPUはどうなったのか?

色々気になるところですよね。

本記事ではそんなSurface Pro 9についてSurface FAN チャンネルも運営しているSurfaceラバーのタカフが詳しく解説した内容となっています。

最後まで読むとSurface Pro 9がどういうデバイスなのかよくわかることかと思います。

それでは本編です✨

Surface Pro 9の特徴

まずは、Microsoft公式のSurface Pro 9の紹介動画を見てみましょう。

めちゃくちゃカッコイイ仕上がりとなっていて僕的にはよだれが出てくる動画となっています🤤

最高ですね😍 Surface FANにとっては今回も最高のデバイスとなりそうです。

さて、動画でもわかる通り今回のSurface Pro 9では以下の特徴が目を引く事でしょう。

  • 第12世代 Intel CPU と 5G対応のARM CPU が選べる構成
  • 新色としてサファイアとフォレストが追加
  • Androidアプリが徐々に使えるようになってきた
  • 基本的にはSurface Pro 8の筐体や機能を踏襲

順番に説明します。

第12世代 Intel CPU と 5G対応のARM CPUの2つの構成

Surface Pro 9では従来のIntel CPUに加えて5G対応のARM系 CPUも選べる構成となりました。

image-20221014154504884
ARM系CPUのSurface Pro XがPro 9に統合された形となります

もう少し細かく言うと、ARMアーキテクチャ CPUであるQualcomm社のSnapdragonをベースとして作られたMicrosoft SQ3というMicrosoft独自CPUがスペック選択の構成として追加されたわけですが、

初心者の方でもわかるようにARMアーキテクチャを一言で説明すると、Microsoft SQ3はスマホで使われているものと同じようなCPUであるという事です。

スマホで使われているCPUは、ご存じのように携帯回線(4Gや5G)に常時接続出来て常にインターネットにつながるし、端末は熱くなりにくく省エネルギーで長時間駆動が特徴ですが、

これがARMアーキテクチャであるMicrosoft SQ3のSurface Pro 9でも実現出来るというわけです。

以前のSurfaceシリーズでARM CPUのSurface Pro Xというものがありましたが、それがSurface Pro 9に統合された形となりました。

しかも、ARM CPUの弱点であった64bitアプリが使えない問題もWindows 11では使えるようになるとのお知らせもあり、新しいWindows PCのあり方として結構期待出来るものとなっています。

なのでMicrosoftがリリースするこのSurface Pro 9を筆頭に、今後ARM系CPUのWindowsが少しずつ流行していくかもしれないと言われています。

まあそれはPCメーカーの出方次第ではありますけどね😅

そんな期待もあるARM系CPUのSurface Pro 9ですが、実際の使い勝手やはり使ってみないことにはわからないので、そこは是非僕のブログやYouTube動画で続報をお待ち頂ければと思います!

新色としてサファイアとフォレストが追加

新色としてサファイアとフォレストが追加されました!

image-20221014160345885
おお!これはシンプルにカッコイイ🤩

カラーバリエーションが増えたのはいいですね!

今までは若干無骨なカラー展開でしたので、サファイアとフォレストという良い感じの色合いが増えたのは非常に好感触です。

僕はサファイアが欲しいですね😊

そしてそれに合わせてタイプカバーキーボードも追加しています。

これはやはり同色で合わせると良さそうですね👍

また、タイプカバーに関しては特別版のLibertyモデルも追加されました。

image-20221014161043994
Surface Pro 8でも使えるみたいなのでPro 8ユーザーにもオススメ✨

こちらは世界的なデザイン企業のLiberty社によってデザインされた特別なタイプカバーキーボードとなります。

Surfaceスリムペン2付きで価格は43,780円です。Microsoftストア販売のみ数量限定のようなので欲しい方は予約段階から注文した方が吉です。

>> Surface スリム ペン 2​ 付き Surface Pro Liberty キーボード

それにしてもめちゃくちゃオシャンティ…🥳

Androidアプリが徐々に使えるように

去年発表のあったAndroidアプリが日本でも徐々に使えるようになってきました

Windows 11の目玉でもあったAndroidアプリを動かす機能が日本版でも使えるようになってきました。

Androidアプリを動かすにはWindowsの22H2というバージョンから可能であり、おそらくSurface Pro 9では最初から22H2でしょうから、そういうわけでこれも動画内に盛り込んでいるのだと思います。

ただ、こちらの記事でも書いたように、Google PlayのAndroidアプリではなく、AmazonアプリストアのAndroidアプリなので、アプリ数はまだまだ揃っていないのが現状です。

なので便利そうなアプリは全然無いんですよね…😅

しかし今後はWindowsというプラットフォームでAndroidを動かせるということは、

Windowsは巨大なマーケットですのでアプリ会社もAmazonアプリストアの方にアプリ申請してくることも期待されます。

早く色々なAndoidアプリが使えるといいですよね。

基本的にはSurface Pro 8の筐体や機能を踏襲

Surface Pro 9は基本的にはSurface Pro 8の機能を踏襲しています。

Surface Pro シリーズをずっと追ってきている人はご存じかと思うのですが、Surface Pro 7からSurface Pro 8にかけて大幅アップグレードしているんですね。

例えば、

  • 液晶は13インチとなり超絶滑らかな120Hzリフレッシュレート
  • Surfaceスリムペンをタイプカバー内に格納&充電できる最高ギミック
  • SSDが交換出来るので自前で1TBにする事も可能
  • USB-Cは2ポートで4Kモニター2枚出力が出来る

等々。

この辺りはちゃんと踏襲されているので僕はとても良かったと思っています👍

僕はPro 8を1TBのSSDに交換もしてるし、4Kモニター2枚出力していて存分に活用させて頂いております🤤

Surface Pro 9とSurface Pro 8の違いは?

ではSurface Pro 9はSurface Pro 8に比べてどこが変わったのか?を解説します。

電源ボタンと音量ボタンの位置が変更

Surface Pro 8では電源ボタンが右側面で音量ボタンが左側面にあったのが、Surface Pro 9では上側面に配置変更となりました。

いやぁ~、これが地味に嬉しいのです!

Surface Pro 8の頃は、画面も13インチとなりタブレットとして活用しようと思いきや、縦で持つと…

vlcsnap-2022-10-13-19h30m06s162
ここの電源ボタンをついつい机で押しちゃう問題があるのです

このように下側面に電源ボタンがある為ポチッと押してしまうことが多く、スリープ状態や休止状態になってしまうことがSurface Pro 8あるあるだったのです。

Surface Pro 9では上部に電源ボタンがあるので(縦持ちでは右手側)、それが改善される形となります。

これで安心してタブレット縦持ちで使えますね❗

きっとユーザーからのクレームがあったんでしょうね…🤔

イヤホンジャック廃止

Surface Pro 8まではあったイヤホンジャックがなんと廃止となりました😭

これは個人的には超残念!

今やワイヤレスイヤホン全盛の時代ですし僕もAirPods Proを使っていますが、動画編集とか音を調整する作業をしている時はワイヤレスイヤホンだと音ズレが発生したりするんですよね。

なので有線イヤホンは結構貴重な存在だったのです。

ビデオ会議する時とかもiPhoneのマイク付きイヤホンとかが使えて便利だったんですけどね。

ただUSB to オーディオジャックの変換アダプタなど売ってますのでこれは一応解消出来る問題なので、許せる範囲かなとは思います。

CPUの性能差は20%~30%

Surface Pro 9のIntel CPUに限って言うと、第12世代のIntel CPUとなりました。


いわゆるAlder Lakeと言われるバージョンです。

一応第12世代のIntel CPUは十年に一度の革新と言われるアップデートと言われているのですが、その恩恵を授かれるのはPシリーズ以上でして、

このSurface Pro 9に搭載しているのはUシリーズで、第11世代Intel CPUからの性能差はそこまであるわけではないと見ています。

例えばSurface Pro 8のIntel Core i5-1135G7と、Surface Pro 9のIntel Core i5-1235Uのベンチマーク結果を調べると大体20%~30%くらいの処理能力アップといった感じで、これは特に一般的な使い方なら体感的にはほぼ変わらないのかなと思っています。

GPUに関しても11世代と同じIntel Xe グラフィックスなのでグラフィック系も大体同じ結果でしょう。

ただ、メモリはLPDDR5に変更されていたりもするのでやはり使ってみないことにはわからないですね。

Surface Pro 9はファンレス?

Surface Pro シリーズで気になるのがファンレスかどうかですが、ARM系CPUの5G対応Surface Pro 9だとファンレスの模様です。

Intel CPUのSurface Pro 9には通気孔があり、SQ3 CPUのSurface Pro 9には通気孔がありません。


上がIntel CPUで下がSQ3 CPUのSurface Pro 9です。

これは写真から判断した限りですが、通気孔がないのなら恐らくファンレスでしょう。

ARM系CPUですし省エネで熱くなりにくいのでファンレスでほぼ確だと思います。

一方Intel CPUの方ですがIntel Corei 5のみファンレスなのでは?という話もあります。

実際Surface Pro 7の時はそうでした。

こちら僕もMicrosoft公式ストアに問い合わせてみましたが、まだ発売前の製品の為その真偽は不明とのことでした。

これは実機を見てみるしかないですね🤔

Surface Pro 9のスペック

スペックはこの通りです。Surface Pro 8と比較表できる表にして、違いは太字としています。

項目 Surface Pro 9 Surface Pro 8
発売日(日本時間) 2022/11/29 2021/11/01
本体サイズ(mm) 287 x 209 x 9.3 287 x 208 x 9.3
液晶サイズ 13インチ 13インチ
液晶解像度 2880 x 1920 2880 x 1920
PPI(Pixels Per Inch) 267 PPI 267 PPI
120Hzリフレッシュレート
ディスプレイ縦横比 3:2 3:2
Surfaceペン対応
タッチパネル 10点マルチタッチ 10点マルチタッチ
GPU インク アクセラレータ
Dolby Vision® 対応 ◯(Dolby Vision IQ)
メモリ Intel : 8GB / 16GB / 32GB (LPDDR5x RAM)
SQ3 : 8GB / 16GB (LPDDR5x RAM)
8GB / 16GB / 32GB
LPDDR4x RAM
CPU 12th Intel Core i5-1235U
12th Intel Core i7-1255U
Microsoft SQ3
11th Intel Core i5-1135G7
11th Intel Core i7-1185G7
バッテリー駆動時間 Intel : 最大15.5時間
SQ3 : 最大19時間
最大16時間
バッテリー容量 公称:47.7(WH)
最小:46.5(WH)
公称:51.5(WH)
最小:50.2(WH)
グラフィックス Intel : Intel® Iris® Xe グラフィックス
SQ3 : Microsoft SQ® 3 Adreno™ 8CX Gen 3
Intel® Iris® Xe グラフィックス
ストレージ 128GB / 256GB / 512GB / 1TB 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
ストレージ交換 ◯(全ストレージ) ◯(128/256のみ)
外部端子 USB-C x 2
(USB4.0 / Thunderbolt 4)
Surface Connect ポート x 1
Surface タイプカバーポート x 1
nano SIM x 1(SQ3のみ)
USB-C x 2
(USB4.0 / Thunderbolt 4)
3.5 mm ヘッドフォンジャック
Surface Connect ポート x 1
Surface タイプカバーポート x 1
Surface Dial互換性
Windows Hello 顔認証
フロントカメラ 1080p フルHD 5.0MP(1080p フルHD)
リアカメラ 10.0MP オートフォーカス機能付き
リアカメラ (1080p HD および 4k ビデオ)
10.0MP オートフォーカス機能付き
リア カメラ (1080p HD および 4k ビデオ)
マイク Dual far-field スタジオ マイク Dual far-field スタジオ マイク
スピーカー Dolby Atmos® オーディオ搭載
2W ステレオ スピーカー
Dolby Atmos® オーディオ搭載
2W ステレオ スピーカー
OS Windows 11 Home Windows 11 Home
Office Office Home & Business 2021 Office Home & Business 2021
ワイヤレス機能 Wi-Fi 6E: 802.11ax
Bluetooth 5.1NanoSIMおよびeSIM対応
5G対応
Wi-Fi 6: 802.11ax
Bluetooth 5.1
センサー 加速度計
ジャイロスコープ
磁力計
光センサー(明るさ、色)
加速度計
ジャイロスコープ
磁力計
光センサー(明るさ、色)
カラー プラチナ
グラファイト
サファイア
フォレスト
プラチナ
グラファイト
重量
(タイプカバー合計重量)
Intel : 879g
SQ3 : 878g
タイプカバー:280g
889g
タイプカバー:280g

スペック表から読み取れる違いは以下ですね。

  • メモリがLPDDR5に変更。これは期待出来る。
  • CPUが第12世代に変更とSQ3の追加。
  • バッテリー時間が何故か16時間から15.5時間に減少。バッテリー容量が減っている模様。
  • イヤホンジャック廃止
  • Surface Dial互換廃止?

地味にSurface Dialが使えなくなってる模様です。Surface Dialを使っている人はあまり見たことないですが。。

Surface Pro 9の価格

Surface Pro 9の価格一覧です。こちらもSurface Pro 8と比較出来る表にしてみました。

CPU メモリ ストレージ Surface Pro 8 Surface Pro 9 価格差
Intel Core i5 8GB 128GB 148,280円 162,580円 +14,300円
Intel Core i5 8GB 256GB 153,780円 174,680円 +20,900円
Intel Core i5 16GB 256GB 193,380円 219,780円 +26,400円
Intel Core i7 16GB 256GB 215,380円 248,380円 +33,000円
Intel Core i7 16GB 512GB 247,280円 291,280円 +44,000円
Intel Core i7 16GB 1TB 281,380円 334,180円 +52,800円
Intel Core i7 32GB 1TB 325,380円 391,380円 +66,000円
Microsoft SQ3 8GB 256GB 216,480円

なんと!日本版の価格は、円安の影響もあってか同スペックだと値上げとなっています。

スペックが上がるごとに価格差も広がっています。シンプルに円安の分上乗せしている感がありますね。

米国版のi5 / 8GB / 256GBだと$1099.99なので、日本版はOffice込みだとしても円安が効いていますね😅

しかしここで注目したいのはSurface Pro 8です。Appleは現行製品も円安影響分がっつり値上げしていますが、Surface Pro 8はなんと価格据え置きです。

何なら割引セールすらしています。

ひょっとしたら今買いなのはSurface Pro 8の方かもしれませんね。Surface Pro 8もいつ値上げするかわかりません。

\📣Surface Pro 8 最新セール情報❗🎉
Surface Pro 8のスーパーセールが、キターーーーーッ!

なんと今ならSurface Pro 8本体31,900円割引の最強セールをやっています!🎊🎉

しかもタイプカバーとスリムペン2も20%OFFなので合計38,632円割引までいきます!

僕もメインPCとしてSurface Pro 8を使っています👍
こちら期間限定で人気スペックから在庫無くなるのでお早めが吉です✨

>>【Microsoft公式ストア】Surface Pro 8 割引+20%OFF はこちら
大きい声では言えないですが返品可能なので安いうちに買っておくのもアリです。

総評

以上、Surface Pro 9発表からその特徴やPro 8との違いを執筆しました。

本記事の内容を振り返るとSurface Pro 9とは、

  • ARM CPUも選べるようになり今後のWindows On ARMには期待出来そう🤩
  • カラバリ展開やボタン配置変更は良かったけどイヤホンジャック廃止は悲しい😭
  • 円安で価格上昇は避けられなかったが今ならSurface Pro 8が買いやすいかも😊

といった内容でした。

実機が手に入ったら実機レビューをやっていきます!カフーブログとSurface FAN チャンネルは要チェックです!

現場からは以上です!

>>【Microsoft公式ストア】Surface Pro 9はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。