【WordPress】絶対に入れよう!写真の個人情報削除プラグイン

どうも、タカフです。

WordPressをインストールして、さて記事を書こう・さて画像をUPしよう となった時に絶対に気をつけなければいけないのが、Exif情報という名の個人情報はUPする画像から絶対に削除した上でUPしよう、というお話です。

WordPressってブログシステムとして本当に便利です。画像をアップするのは非常に簡単で、iPhoneで撮った写真なんかを以下のように投稿画面からも直接ドラッグドロップできる程簡単に画像をアップロードすることができるのですが、

でもこの時点でアウト~!なのです。画像の中に、一番まずいGPS情報ががっつり入っているのです

例えばこのブログの前回記事の「AirPodsはジョギング・ランニングとの相性は最高だった!」なんてあまり仕事には関係ないプライベートで思ったことの記事で部屋でAirPodsをiPhoneで撮影してそれをUPしているわけなのですが、そんな風に気軽にスマホで撮った写真の中にその部屋の住所がピンポイントでわかる情報が入っているわけです。

他にもどのメーカーのどの端末で撮影したかなんて情報も入っているのですが、やっぱりGPS情報が入っているのが一番まずいですよね。

ということで、インストールするWordPressプラグインは「EWWW Image Optimizer」というものです。これを入れておけばUPする画像はすべてExif情報を削除してくれた上で公開されます。

「EWWW Image Optimizer」のインストール方法

普通に「プラグイン」-「新規追加」で『EWWW Image Optimizer』を検索してください。すぐ出てきます。

「今すぐインストール」して「有効化」しましょう。

Exif情報自動削除の設定方法

実はインストールするだけでOKです。デフォルトでExif情報を削除するオプションがONになっています。

一応確認しておくと「設定」-「EWWW Image Optimizer」を開くと上記の画面になるのですが、

This will remove ALL metadata: EXIF, comments, color profiles, and anything else that is not pixel data.

という項目のチェックがONになっていればOKです。

あとはこのプラグインは画像を自動で圧縮してくれる機能もあるのですが、とりあえずデフォルトのままでもいい感じにやってくれるので、このままでもいいと思います。

因みにアメブロとかはてぶとかでブログ運営している人は問題ありません。画像アップロードする時に自動でExif情報を削除してくれるプログラムが走っていますから。自由にブログシステムとしてカスタマイズできるWordPressだからこそ気をつけなければいけない話なんですよね。

俺の情報なんて全部フリー素材だYO!という方(笑)でもいつどうなるかわからないのがネットの世界なので、とりあえずWordPressでブログやるならExif情報という名の個人情報削除プラグイン「EWWW Image Optimizer」は絶対に入れおいたほうがいい!というお話でした。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です