プログラミングの役立つ記事をお届けします

ブログ運営にさくらのマネージドサーバーに決めた理由

こんにちは、タカフです。

ブログを運営するにあたり、サーバーをどこにするか。これはよくある重要な話題ですよね。
旧ブログでは、さくらVPSで自前で色々インストールした上にWordPressをインストールしていましたが、旧ブログで書かなくなった挫折理由の一つとしてVPSのメンテナンスが面倒だったというのは小さな要因としてあったかもしれません。



ブログ運営で大切なことはとにかく継続して記事を書き続けることだと思います。先人たちもそう仰ってます。これは逆の視点で考えると、記事を書く以外のことにならべく労力を割いてはいけないことだとも思います。
VPSは確かに色々出来て楽しいですが、魑魅魍魎のWebの世界でサーバーを保守することは大変なことです。マネージドサーバーで記事執筆に集中出来るのはとても重要なことなのです。

さくらサーバーが決め手となったのは、まんまとさくらサーバーのランディングページを見てがっつりはまったためです。

WordPressが最大16倍に高速化

WordPressが最大16倍に高速化とうたっていますが、今まで大変重かったあのWordPressの管理画面が非常に早く感じます。記事執筆以外のことにはあまり時間をかけないという意味では、このWordPressの操作が早いというのも大切なことだと思います。

アクセス集中でもWebサイト安定表示

これは心強いです。マネージドサーバーのいいところは負荷対策も一緒になされているところです。ぶっちゃけ秒間アクセスをどこまで捌けるかは不明ですが、さくらVPSで自前で色々負荷対策をチューニングするコストに比べたらずっとずっと安くすみます。まだ出来立てのブログなのでこんな事心配することではないのですが、継続して運営していく上である程度の負荷対策がなされていると安心して執筆に集中できます。

SSDでデータベースサーバーが高速化

データベースにMySQLを使っているWordPressですが、デフォルトでデータベースサーバーがSSDなのも嬉しいところです。これも記事読み出しの高速化に一役買っていると思います。さくらVPSだとローカルにMySQLを立てるか別途専用DBサーバーを立てますが、その構築コストとチューニングコストを加味するとどれだけ楽なことか計り知れません。

まとめ

このように、さくらサーバーの回し者のような記事になってしまいましたが、さらにもう一つ情報を書き加えると、このブログはさくらのスタンダードプランを契約していまして、そのスペックが

CPU:Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 v3 @ 2.30GHz
Memory:48GB

なんですよ。信じられません。AWSでこのクラスのEC2なんて稼働させたら大変なことになります笑
まぁこのマネージドサーバーは共用サーバーなので他にも負荷かけていたら同じように落ちたりするかもしれませんが、このさくらのスタンダードプランがなんと、

月額:515円

なんです。これは契約して絶対に損しないと言い切れるます。

WordPress運営にさくらのマネージドサーバー、アリだと思います。

さくらのレンタルサーバ ビジネス

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です