プログラミングの役立つ記事をお届けします

iPhoneカメラのビデオ撮影の設定は「1080p HD/60 fps」にしよう!

どうも、タカフです。

皆さん、日本人みんな大好きのiPhone使っていますか?
はい、私ももれなく使っているステレオタイプの日本人です。

本日はそのiPhoneの小ネタです。

iPhoneのカメラはとてもキレイで、動画撮影の時の映像も目を見張るものがありますが、たった一つの設定をするだけで劇的にキレイにすることが出来ます。

iPhoneの設定アプリを開いて、「カメラ」-「設定」-「ビデオ撮影」に進みまして、
「1080p HD/30fps」になっているところを「1080p HD/60 fps」に変更します。

これだけでiPhoneでさらになめらかな動画を撮影することが出来ます!

一般的なビデオカメラはたいてい60fps(1秒間に60フレーム)になっていますが、iPhoneの場合デフォルトの設定が30fpsなんですよね。
iPhoneもこんなにキレイに撮影出来るカメラなのですから、より一般的なビデオカメラと一緒の設定がいいですよね。ただ、60fpsにすると容量は食います!

しかしiPhoneの内部ストレージ容量も数年前と違い大容量化しましたし、いざとなればPCに移せばいいわけですので、僕は絶対に60fpsの設定の方をおすすめします

旅行とか子供の運動会とかでもキレイに残しておきたいですもんね。

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です